越前フールス和紙 福乃ここ千手帳【有栖川午文】

型番 ここ千1-4
販売価格 4,698円(税込)
購入数
谷崎潤一郎 「陰翳礼讃」にこんな記述があります。
われわれは西洋紙に対すると、単なる実用品と云う以外に
何の感じも起らないけれども、和紙の肌理(きめ)を見ると、
そこに一種の温かみを感じ、心が落ち着くようになる。
同じ白いのでも、西洋紙の白さと和紙の白さとは違う。

西洋紙の肌は光線を撥ね返すようであるが、
和紙の肌は柔かい初雪の面のように、
ふっくらと光線を中へ吸い取る。
そうして手ざわりがしなやかであり、
木の葉に触れているのと同じように物静かで
しっとりしている。

上質な和紙に、
書くことを愉しみませんか、
心を綴る大切な時間にしてほしいと
考えています。

店主 角谷恒彦




この手帳は、当社新開発の両面筆記専用 越前和紙を使用しています。

古来からの紙幣や証券・株券の伝統技術を応用し、和紙で初めて両面筆記用に成功し

「福乃ここ千」「ふくのここち」と名づけました。




万年筆のインクでもにじみがなく、泳ぐような書き心地、

特別にゆっくりと丁寧に漉いたこの和紙は、

1000年の長期保存ができる中性紙、

その[福乃ここ千]を丁寧に糸かがり綴じで製本し、

京都西陣 龍村織物製の貴重な復元裂地で包みました。





紙を漉かして見ると、竹簾模様と[福乃ここ千]マークの漉かしが入っています。

伝統的かつ革新的な新技術によって生まれた両面筆記越前フールス和紙を、

京都西陣の老舗【龍村美術織物】の貴重なお裂地で包み作りあげた手帳が、

越前フールス和紙【福乃ここ千】手帳です。

専用箱は2種類ご用意しています。通常は紙箱の黒になります。


お値段は高くなりますが、長期保存が可能な桐箱入もございます。


■ 越前フールス和紙【福乃ここ千】
中性紙/鳥の子色(クリーム色)
■ 龍村美術織物社製 正絹裂[有栖川午文]
■ サイズ:W93mm×H143mm×D12mm 重量:110g
■ 64枚/128ページ/7.5mm/15行
■ 糸かがり製本/三方金
■ 文様の説明書(龍村美術織物社)
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

about

店主の角谷恒彦です
自分の可能性を引き出し、
知的行為を支える文房具。
日々を愉しむための最良の友を
ごゆっくりとお探しください。

株式会社 角文

〒910-0017
福井県福井市文京4丁目4番地22号
(福井大学正門前)
電話.0776-22-7731
FAX.0776-22-7873

Tel. 0776-22-7731
9:00-17:00
土曜・休日を除く

5,400円(税込)以上お買い上げで送料無料
各種クレジットカードがご利用いただけます。代金引換、お振り込みも可能です。
お買い物や商品に関するご質問にお答えしています。
ギフト包装 お祝いなどの贈り物にどうぞ。